ホーム > 製品 > Revoroute® > 主な機能


制作現場の声をまとめたら
機能はシンプルに、操作は簡単になりました。

ワーク管理機能

自動組版で利用するテンプレートやデータソースなどを管理します。

ワークデータのインポート・エクスポート
(製品版のみ)
ワーク管理機能画面

テンプレート作成/管理機能

データソースの各フィールドをInDesign上のテキストフレームやグラフィックフレームへの紐付け(マッピング)を行い、作成したテンプレートを管理します。

テンプレート設定
テンプレート作成/管理機能画面

スタイル設定機能

テンプレートのマッピングしたフィールドに対して、組版時に適用する動的なスタイルを設定します。

文字調整
表組
フレーム、サイズ調整
画像サイズ調整
空フレーム、行、列削除
画像のトリミング
スタイル設定機能

自動組版機能

データソースで指定されたデータとテンプレートを用い、InDesignドキュメントの自動組版を行います。
あらかじめ配置するテンプレートの順番や方向が決まっている場合に有効です。
組版指示でデータの流し込み〜割付を行います。

自動組版設定
自動組版実行
自動組版機能

対話組版機能

テンプレートやデータの手動配置ができます。
非定型のカタログやチラシなどを作成する時に、編集作業と同時にテンプレートの配置やデータの流し込み作業を行えます。
テンプレートデータをInDesignドキュメント上へドラッグ&ドロップで割付けたり、データ選択による対話組版が可能です。

テンプレート差し替え機能
対話組版機能

差分チェック機能

自動組版したInDesignファイルとデータソースとの差分をチェックする機能です。
データソースに更新があればInDesignファイルに対してデータの差し替えができます。

差分チェック機能

Windows対応

Macintosh対応