ホーム > 製品 > Revoroute® > 制作フロー


簡単操作でより手軽に自動組版を行えます。

1 ワークの新規作成

ワークを新規作成します。
Revoroute®は
制作単位でのデータ管理が可能です。

ワークの新規作成

2 データソースの選択

データ登録はCSV/TSVファイルを
インポートするだけ。

データソースの選択

3 テンプレートの作成

InDesignでデータを流し込む
テンプレートを作成します。
サイズ、割付位置も自由に作成できます。

テンプレートの作成
Revorouteマッピングパレットで、
テンプレートのマッピングや自動組版スタイルの設定をします。

データのマッピング

読み込んだCSV/TSVファイルの項目とブロックをらくらくマッピング。
難しい操作は必要ありません。

データのマッピング

スタイルの設定

マッピングを行った各フィールドに、
組版時に自動で調整を行う各種
スタイルを設定します。

画像サイズ調整、溢れ処理や
表組設定など、詳細な設定が可能です。

スタイルの設定

4 自動組版

「自動組版」ボタンをクリックでテンプレートにCSV/TSVデータが流し込まれます。
あらかじめ配置するテンプレートの順番や方向が決まっている場合に便利です。

自動組版

対話組版

テンプレートやデータの手動配置ができます。
非定型のカタログやチラシなどを作成する時に便利です。

データの手動配置
テンプレートの手動配置

自動組版後のデータ変更や差分チェックも簡単!

差分チェック

組版したInDesignファイルとデータソースとの整合性をチェックします。
最新のデータソースを再取り込み後に差分チェックを行い、差分箇所を最新情報に反映します。

差分チェック

CSV書き出し

自動組版後のInDesignドキュメントの内容をCSVファイルに書き出します。
「CSV書き出し」ボタンをクリックで指定したCSVファイルへの変更が反映されます。

CSV書き出し